Note

「信じる事の狂おしさ、愛おしさを教えてくれる砂漠の奇蹟」イスラームの聖典・コーランを読んだ話

  • LINEで送る

イスラーム、ユダヤ教。そしてキリスト教。
この三宗教をアブラハムの宗教と呼びます。セム族の啓示宗教とも呼ばれます。

共通した特徴として、神からの啓示・聖典を重要視します。
コーラン、旧約聖書、新約聖書。何度も読み、何度も朗読します。
因みに「コーラン(クルアーン)」の意味は「読誦すべきもの」です。

押し並べて唯一神教です。
そしてこの三宗教は言葉や形、時代は違えど全て同じ神を信仰し畏れています。

歴史、教義の話などは幾らでも他サイトにあると思いますので視点を変えて、言語学の観点からこの三宗教を見てみましょう。
この三宗教は共通して聖典を持っています。

東京・下北沢 カトリック世田谷協会

世界で一番売れた本は聖書です。
発行数の記述にはブレがありますが、3,200以上の言語に翻訳されているという事実だけで途轍も無い説得力を感じます。国連加盟国数が196ヶ国ですから驚きです。アイヌ語版聖書さえあるそうです。

聖書は旧約聖書・新約聖書からなります。
上記はキリスト以前を神との旧い契約、以後を新しい契約とするキリスト教的呼称です。
キリスト教徒はこの両書を同列に尊び聖典として扱います。新約聖書はギリシア語で書かれました。

ユダヤ教徒はヘブライ語聖書を聖典としているとされています。
これはキリスト教的呼称における旧約聖書(のみ)を指し、ヘブライ語でタナハーと呼びます。

ヘブライ語はアラビア語と同じセム語族に属する古代イスラエルで話されていた言語で、セムとはノアの息子の名前です。上記から分かるように旧約聖書はヘブライ語で書かれました。

ヘブライ語の話し言葉は、西暦200年頃に一度絶滅しています。
しかし熱心な研究の成果と普及への努力の結果、1,800年の時を経て再び復活し現在イスラエルの公用語として日常生活で一般的に広く使用されています。

人類の言語史の中でこのような劇的な復活を遂げた言語はヘブライ語のみです。
ユダヤ人の敬虔さや、自分の国を持ちたいという思いの強さを測れる一つの実例だと私は感じます。

東京ジャーミイ(東京・代々木上原にある日本最大のモスク)

一方イスラームにおいてはコーランを聖典としています。
アッラー(神)は西暦610年頃、洞窟で瞑想していた預言者ムハンマドに天使を通じアラビア語で啓示を下しました。この啓示を記録したものがコーランですので、当然アラビア語で記述されています。

アラビア語は非常に広い範囲で話されており、同じ言語とは思えない程様々な方言があります。
日常で使われている話し言葉を「アーンミーヤ」と呼びます。

一方書き言葉は「フスハー」と呼ばれています。
コーランはフスハーで書かれています。
様々な方言が存在するアラビア語においてフスハーは誰でも分かる標準語、共通語として機能しています。そしてこのフスハーは7世紀頃から現在までの1,300年間、ほぼ形を変えていません。

古典アラビア語はサンスクリットや古典中国語、ラテン語と並び世界を席巻した教養語です。
しかしこの中で、現代においても分裂したりせずほぼ形を変えずにフスハーとして残っており、一般的に使用されているのはアラビア語だけです。

日本で言えば平安時代無くなった平仮名は数多くあります
英語はフランス語からの借用語だらけだったり、そのフランス語もラテン語の口語が元になっていたり(ロマンス諸語)、そもそも7世紀の英語の文献なんてほぼ存在しなかったり….という事を考慮するとこちらもムスリムの敬虔さ、イスラーム社会の繁栄具合が想像できるエピソードの一つと言えると思います。

実は現代の西洋医学の原型はイスラーム医学だったり…とかね。
「アルコール」「アルカリ」「アルゴリズム」など…「アル」はアラビア語の定冠詞です。
現在のイラクの首都であるバグダードは、産業革命以前では最大の都市です。
当時はアッバース朝ですね。知恵の館と呼ばれる図書館と天文台があり、当時最先端の研究が為されていました。彦星「アルタイル」もアラビア語由来ですね。
ちなみにコーランでは、流星は天界の会話を盗み聞きしに来る悪魔シャイターン(サタン)を追い払う礫とされています。悪魔もなかなか大変そうです。

コーランはイスラームの聖典であると同時に、奇蹟のアラビア文学とされています。
当時のアラブ人の間では、揉め事が起きた際に詩で勝敗を決する風習があったそうです。
そこら中でラップバトルしてるような物です。当然アラブ人は皆が詩に長けていたという事になります。そんなアラブ人を全員黙らせる程の美しい詩であり、アラビア語が読めない人ですらその美しさに惹かれ改宗した…それこそが神の奇蹟であり、コーランの美しさなのです。

少しコーランが読みたくなりませんか?
それでは再度視点を変え、再びこの三宗教について考えてみましょう。

この三宗教はセム族の啓示宗教とも呼ばれる通り、ザックリ言えば共通して神が預言者を通じて人間に神兆を与えたり、啓示を下す話です。普通の人間は神の存在を自然には感じられず、預言者を通じてしか神の言葉を聞けないのです。コーランには「経典の原本は天界の言葉で書かれており人間には理解出来ない物である。神がその時々(時代)や相手(民族)に応じて人間の言葉で預言者に伝えている」との趣旨の記載があります。

イエスを含む聖書までの預言者は共通して物語や譬え(たとえ)の様な形で、直接的でなく少し迂遠に神の言葉を民に教えています。
また預言者が神と話す際は他に人が居ない、人目につかない場所で話すのも特徴的です。
様々な理由はあると思いますが、それ程までに神の言葉は畏れ多い物なのです。恐らく唯一神教徒のこの感覚は私達現代の日本人の想像を遥かに超えた物だと思います。それ程までに神は完全で、慈悲深くも恐ろしいのです。

預言者はイエス以前にも何人も現れています。
旧約聖書に登場するノア、アブラハム、モーセなど。イスラム教では更にイエス・ムハンマドを加えた預言者を5大預言者として認め、かつその他の預言者も認めています。
イスラームは本来はユダヤ教徒・キリスト教徒も認める、後発宗教らしい平和的な宗教であるという事は是非知って頂きたいです。

さて、預言者目線で続きを見ていきましょう。
イスラームの預言者はムハンマドです。
商人だったムハンマドは40歳の頃に、人生に思う所があり洞窟に篭って瞑想をしていました。
そこに大天使ジブリールが現れ、神・アッラーから啓示を受けた…なんて生易しい物ではありません。
ここにコーランの大きな特徴があります。

ムハンマドは痙攣して倒れて泡を吹き、半狂乱となり神憑りの様な独特のリズムで、奇怪な美に満ちた激しい詩を叫ぶように吐き出したと言われています。
訳が分からず神兆や神の声に怯え、妻ハディージャの胸に泣きつく程であったとされています。

ムハンマドへの啓示は20年ほど続き、徐々に慣れていく事である程度普通に話せるようになったようです。しかし神憑り的であったという事については最後まで本質的に変化はありませんでした。
後半期には信者から相続等に関する立法的な質問を受ける事が多くなったようです。
上記の事情により前半期は短く激しい詩的な啓示が多く、徐々に説話的になり、後半は決まり事などの長ったらしい章が多くなります。
啓示は信者などにより記録され、後年に長い順に編纂されました。
つまり基本的には新しい啓示から旧い啓示に向かうという事になります。

つまりコーランは、ムハンマドが自己意識を喪い神憑りの様に語りだした不思議な言葉を記録したものであると言えます。比較的内容が激しく詩的でストレートです。

そんな力強いコーランは更に、読み進める度に章が短くなっていき、更に激しく詩的になっていくのです
この感覚は、最早神に近づいていく感覚に等しいです。
クライマックスに向かい、激しくなり、神を近くに感じ、そこが始まりなのです。
非常にドラマチックで、ロマンチックではありませんか?私は涙しそうな程でした。

宗教を知れば思考回路が分かります。
思考回路が分かれば歴史・世界情勢が非常に理解しやすくなります。
パレスチナ・イスラエル問題はロケット弾で始まった訳ではありません。
彼らの間にはマリアナ海溝より深い溝があります。

イスラエル・ネタニヤフ首相は「私はヒト型の動物と戦闘している」と発言しました。
一方イスラム圏では人を動物に例える事は冗談でもあり得ません。
例としては、猫の名前にはミミやノノのような連続する2音、またはアンバー(これもアラビア語由来です)などのような人にはつけられない名前を使うように配慮する程です。

言語学・雑学に始まり、様々な視点からコーランについて考えてみました。
ここからは完全なる私視点で。

私はムスリムではありませんが、信心が人生のステージを一つ上げてくれる事もまた事実だと思います。
私は双極性障害の当事者です。気分が変動し、道徳心もフラつきます。
頭では悪いと分かっている事も、道徳心がフラつけば行動に移してしまいます。

コーランには「お前達の事は神様が一番ご存知。アッラーは全てを知り給う。全てを記録し給う。」というようなフレーズが頻出します。
神様には一切嘘は吐けず、善行も悪行も心の中まで完璧に記録されており審判されるのです。
「バレなければいい」と言う考えは存在しえません。何故ならアッラーは全知全能の神だから。

神様の在・不在は置いておいても、それ以前に自分に嘘は吐けません。
私が今まで犯してきた罪は数え切れないもので、嘘も散々吐きました。
その行為は確実に自分の魂を穢す行為であったと思います。精神疾患はその跳ね返しでは無いかとさえ思います。魂を穢す=天に恥ずかしい行為であり、それは同時に自己肯定感を下げ精神に歪みを生じさせる行為であったのだと思います。

私のフラつく道徳心を常に抑えられるのは、唯一神教的な強力な倫理ではないかと感じました。
私は親しい人間との対人関係に葛藤を抱えており、この事について深く悩んでいます

精神病理学や発達心理学、精神医学などを学んでも何も解決しませんでした。結局のところ当事者が冷静に正しく事態を把握することなど不可能なのです。
ちょうど歴史や情勢に興味を持っていた事、英語を勉強していたこともあり、タイミングも良く聖書・コーランを手に取りました。
私に足りない物の答えを、人としての道徳を、神の言葉に求めました。

結果的に啓典に出会えた事を感謝しています。日々の出来事に感謝する心を持てるようになり、常に天に恥ずかしくない行動を取る事で自分の中にブレない強い芯が出来たように感じています。

西郷隆盛の座右の銘は「敬天愛人」だったそうです。
「道は天地自然の物にして、人は之を行うものなれば、天を敬するを目的とす。 天は人も我も、同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也」
天を敬い、人を愛するのです。お天道様に恥ずかしくない行いをして、どんな人にも別け隔てなく誠意を持って接する。隣人愛とか聞き覚えありませんか?唯一神教の根本と通ずる物を感じます。

彼率いる薩摩軍は、西南戦争の終末1877年に新政府軍に完全包囲されました。
銃弾を受けて亡くなった西郷隆盛の最期の言葉は「ここらでよか」だったそうです。
天を敬い、自分の人生を愛していたのです。
死という自然の道理に逆らわず、最期までお天道様に感謝していたのです。

イスラームの意味は「神に帰依すること」です。こちらもまた、根本は同じと感じます。

「信じる事の狂おしさ、愛おしさを教えてくれる砂漠の奇蹟」
是非、貴方もコーランを手に取ってみませんか?

次回予告:「日本神話と古事記を読んでアルミ溶接で神棚作った」
お楽しみに!

  • LINEで送る
Recent Posts

コメントを残す

*