Works

ダイハツ・アトレー EFエンジン タペット異音修理(バルブリフタ交換)

  • LINEで送る

10万km アトレーS220G EF ターボ

動画の通りの激しいタペット音です。
とりあえずバラしていきましょう。

タイベルも交換します。

パワステポンプ、凄いですね。

タイベル外します。合わせマークが見づらい…。

クランク側は何とかインパクトが入りますがカム側が…。
でも意外と固着してなくてコレでいけました。

オルタベルト、クーラーベルト等外します。

インジェクタもついでに軽く綺麗に。

本当にこんな感じのどう外すねんみたいなボルトばっかり…。

ターボのとこの遮熱板をシバかないとタペットカバーが外れません。
遮熱板を何とかしてもアクチュエータ周りに思いっきり引っかかるので無理やり引き抜く形になります。なんだかなぁ…。

という訳で外れました。

排気側の3番です。左側と右側のバルブリフタの出っ張り具合が違うのが分かりますか?
左側は適正クリアランスの0.25mmでしたが、右側はクリアランスが広すぎて計測不能でした。
多分1.5mmくらいあると思う…。

カムを外します。ハイメカツインカムですね。(シザーズギアは外した後に合わせました。)

走行10万キロ程度でオイル管理もそこまで悪くないように見受けられますが、バルブリフタが減ってしまっています。
調べてみると割とあるトラブルだそうです。割とあるんやね…。

新品交換。

カムを戻します。シムは元の物を使いましたがキッチリ0.25mmの適正クリアランスになりました。

ターボなのでVVTはありませんが、メクラからようオイルが漏れるのでOリングは変えましょう。
ちなみにNAだとVVTプーリがよく壊れて部品代2万超えとか…。逆にこのエンジン、どこが壊れないの?

あとは逆順です。組む時も当然干渉します。
タペットカバーのパッキンがズレないように注意しつつ何とか入れます。イライラ…。

あとはタイベルを戻し、組み上げて完成です。
お疲れ様でした。

  • LINEで送る

コメントを残す

*