Blog

顔面凹サンバー・フロントパネル ほぼトーシロ板金修理④~パネル溶接継ぎ・顔面塞ぎ~

  • LINEで送る

あらすじ。
切開したお顔を戻していきます。

溶接をしていくと歪みで締まります。
そんなんも使いながら叩いて寄せてくっつけていきます。

もう無理でしょって感じでも…。

意外といけます。ただコレだけ隙間があってt0.6~0.8だと27~32A、全く進みません。
完全に精神と時の間です。タングステン何回も削って…。あと多分結構難しいです。
半自動がいいよね、こういうのは。

くっつけながら歪みを修正して形を出していきます。
やっとサンバーらしいお顔になりましたね。

あとは出来る限り綺麗に叩いて、最後に真ん中を塞ぐのみ。
このタイミングで塗装を剥がします。


板金は出来るだけ叩かない、熱も入れないが原則です。
鉄板が伸びますし、歪むからです。当然直さなければならないので仕事が増えます。
その為、塗膜はギリギリ残しておいた方がどれくらい叩いたか・炙ったか一発で分かるのでいいですね。

塗装剥ぎ、真鍮ワイヤカップブラシでやりましたし普段も愛用していますががプロの板金工の方は何でされるのでしょう?
エフシーディスク、ナイロンディスクなんかでされるのでしょうか?すーぐ減って無くなっちゃう印象ですが…。良ければコメントで教えて下さい。

プレスラインも出来る限り再現します。

やっとキリッとしたお顔に…。

  • LINEで送る
Recent Posts

コメントを残す

*